AGAに効果的な対策としてAGA治療薬を使用することがあげられます。しかし、実際にAGA治療薬について調べてみると種類が沢山あって何を選べばいいかわからなくなりませんか?このサイトではAGA治療薬について幅広く紹介しているので、あなたにぴったりのAGA治療薬が見つけられるはずです!男性用だけでなく女性用もあるので調べてみましょう。

髪を触る男性

薄毛治療を本格的に検討する場合、気になるポイントにあがるのは治療に必要な費用や保険適用などです。
また内服薬タイプの薬を服用する際は、血流に乗って全身に回ることから、内臓に関わる副作用も懸念事項に加わります。
ただAGAには外用薬などの選択肢もありますし、内服薬でも特徴を理解して使用することで、薄毛を改善に導けるようになります。

治療薬を上手く使用すれば発毛や育毛は勿論、少ない副作用のリスクと負担で継続的に治療が行えるでしょう。
AGAの原因やメカニズムはだいぶ分かっていますから、数ある治療方法の中でも推奨度の高い治療薬は、検討に値する価値のある選択肢です。
一つずつポイントを踏まえた薬の確認や使用を行うことで、薄毛は決して怖いものではなくなります。

薄毛治療の費用感はどれくらい?

薄毛治療を受けることができるのは主にAGA専門のクリニックと一般の病院です。
当然ながら費用も二分される傾向で、前者は1万5千円から3万円、後者は1万円から1万5千円が相場となっています。
費用に開きがあるのは、医療機関によって治療の目的に異なる差が存在するからです。
AGA専門のクリニックは多くの患者の要望に応えて、育毛だけでなく発毛の効果を重視します。
原因の特定やAGA治療薬に期待できる効果など、患者に関する状態の把握を大切にしている傾向です。

逆に一般病院はAGAの進行を食い止めることを目的としており、育毛や発毛はその副次的な効果と考える節があります。
全ての一般病院がそうとは限りませんが、基本的に治療に対する考え方が異なることから、選択される治療薬に差が現れて治療の費用も違ってきます。
しかし現在では医薬品の選択肢が充実することで、AGA治療に掛かる費用の差は縮まる傾向を見せています。
薬価の価格競争も薄毛に悩む人の朗報で、価格の下落が治療薬の負担を低減させてくれます。

最終的に発生する費用は、治療の際に使用される治療薬の選択や組み合わせによって異なるものの、手頃な薬のお陰で薄毛治療のハードルが低くなりました。
具体的には初回が4千円から5千円程度で、2回目以降は6千円位で安定するのが薄毛治療における治療薬費用の目安です。
ただし一つの治療薬でAGAが改善しない時は、他の薬も併用して処方される可能性が高まります。
そうなると治療費は倍以上で、1万円前後にまで上昇するケースが多くなります。

AGAの薄毛治療は対症療法なので、治療薬を継続的に服用したり勝手に止めないことが大切です。
継続こそが育毛や発毛を促して、薄毛を改善に導いてくれる結果に結び付きます。
治療薬の第一選択プロペシアは、AGA治療において優れた効果が認められている実績ある薬です。
この薬だけが処方されて服用する場合は、毎月6千円から7千円程度の負担で済むはずです。
費用を高く感じて負担に思うのであれば、同一成分のより安い薬を処方してもらうのが良いでしょう。

一方では育毛、あるいは発毛の相乗効果を高める目的として、外用薬が処方される場合も少なくありません。
外用薬の費用もプロペシアとほぼ同じかやや上回る金額で推移しています。
その結果AGA治療で毎月発生する費用は合計で約1万円といった所に収まります。
外用薬を内服薬にしたタブレットタイプもありますが、1万円という高額な費用と心臓に大きな負担が掛かるのがネックです。

やはり普及して第一選択に選ばれている治療薬は、薬価が下がって手が届きやすくなっています。
反対にいえば、それ以外の代替で選ばれる治療薬は、相対的に価格が高まって治療費を上昇させる要因となるでしょう。
代替の選択が行われるのは、基本的な治療薬で育毛や発毛が見られない場合ですから、通常は高額な治療費が発生することは稀で頭を抱える必要もありません。

薄毛治療での保険適用について

AGAによる薄毛の症状は命に関わらないので、自由診療という形で保険適用外です。
つまり医者に訴え掛けてもどうにもなりませんから、治療費の負担は諦める他ないでしょう。
保険が適用されないのは痛手ですが、厚生労働省はAGA治療を美容整形と同様に分類しているので、仕方のないことだと納得するしかありません。
それでも患者にはクリニックの選択肢がありますし、薬の選択や服用の仕方など、保険適用外でも行える工夫が存在します。

もし保険が適用されるとしたら、AGA治療は幅広く普及することになって、薄毛に悩む人が大きく減少するものと思われます。
AGAが保険適用の対象になるのは理想的ですが、今の所は保険適用外なので、治療を希望するならその条件を飲むことが必要です。

納得する為のポイントはいくつかあって、その代表的な要点には医師による治療が挙げられます。
AGA治療は民間療法や個人の責任による薬の入手を含め、複数の選択肢が多数に広がっているのが特徴です。
民間療法を行うのは個人の判断において自由ですが、肝心の効果はやはり医薬品に比べると低めです。

海外では個人でも治療薬が手に入るだけあって、日本でも海外ルートのこちらを選択する人が少なくない状況です。
でも偽物の薬や不純物といったリスクを内包しますから、信頼性に関してはクリニックで処方される治療薬に及ばないのが現状といえます。
クリニックは正規の治療薬を正規ルートで仕入れているので、薬自体に安心感や信頼が備わっています。

保険が適用されない分、人によって高く感じられる価格は、この安心分の費用だと考えれば納得できます。
AGAはホルモンの働きに関わる強力な症状で、時に薄毛を短時間で急激に進めたり、市販の育毛剤や発毛剤を効かなくさせます。
治療の際に必要とする薬も強力な物が不可欠ですから、服用する治療薬は信頼できることが何よりも欠かせません。
保険が適用されないことで上乗せされる金額は、治療薬の安全性を担保する費用と捉えることができます。
そうすれば法外に高い金額とは思えなくなりますし、納得して継続的に治療が行える気持ちになれるでしょう。

ダメ元で医師に相談してみることはできるものの、断られるのがオチで費用は変わらない結果に至るはずです。
保険適用外の費用が高く、治療の継続を難しいものと考えるなら、内服薬の量を減らして様子を見るなどが得策です。
そういった相談なら医師も真剣に悩んでくれるので、現状の改善策に役立つ現実的な相談を行うことをおすすめします。

将来的には保険が適用される可能性もなくはありませんが、保険適用を待っていては治療が遅れてしまいます。
薄毛に悩むならAGAを疑い、診断を受け今から治療を始めて今後の薬価の低下、そして保険適用などに期待するのが現実的です。
今でも少しずつ治療費の負担は減少しているので、保険の適用がなくても無理のない治療を始めることができます。

薄毛治療に伴う副作用

薄毛治療で使用する薬には、効果の期待と共に副作用のリスクも存在するのが常識です。
具体的な副作用は治療薬によりますが、服用薬の場合は全身性、外用薬だと部分な症状が発生しやすくなります。
服用薬のプロペシアであれば、性欲の減退や精子量の減少に勃起機能の低下など、男性機能全般のリスクが現れます。
しかし必ず副作用が発生するとは限りませんし、その程度も体調や年齢といった具合に、人によって実に様々です。
副作用の発生率自体は非常に低いとされますから、医師に平均よりも高いリスクがあると診断されない限り、特に深刻に悩まなくても良いでしょう。

AGA治療を手掛けるクリニックなら、定期的な診察や体調の管理も行ってくれます。
体に変化が起これば適切に対処されるので、いくつかの副作用の懸念があるとしても、安心して治療を開始したり継続できます。
外用薬の方は内服薬と異なり、痒みやかぶれなどの皮膚症状が代表的な副作用です。
こちらも個人差はありますが、塗布した部分が赤みを帯びて炎症を起こしたり、痒みが強まって我慢できないなどが報告されています。

ただ外用薬の副作用も個人差による所が大きく、我慢できる程度だったり治療を中断せざるを得ないケースに分かれます。
大抵の副作用は治療の中断を行なえば改善するので、継続が難しければ担当の医師に状態を伝えましょう。
内服薬による治療中なら代替の選択肢を提示してくれますし、外用薬でも内服に切り替えてくれる可能性があります。

副作用の発症はいずれも稀で、比較的発症率の高いものは弱めの症状が大半です。
それも、治療を中断したり方法を変えれば改善するものばかりなので、大抵は上手く対処して治療が続けられるようになります。
軽くて自然に治る副作用がほとんどですが、中には深刻な症状が発生してしまうケースも少なからず確認されています。
それは肝機能障害や女性化などで、ガンの発症リスクが高まるという見方もあります。

肝機能障害は肝臓に掛かる薬の負担が大きいことで、内臓の機能に支障を来してしまう症状です。
これはAGA治療薬だけのリスクではなく、内服薬全般に関係する共通点だといえるものです。
元々肝臓が弱っている人であれば、どのような薬を飲んでもやがて肝機能に影響が出ると考えられます。
AGA治療では、内臓の数値をチェックするクリニックも少なくないので、そういった医療機関で治療を受ければ安心です。

肝機能障害の発症率はとても低く、個人の肝機能状態による所が大きいので不明と評価されます。
女性化の方はAGA治療薬特有の副作用で、ホルモンに関わる薬であることから、強い懸念に繋がってしまっています。
肝心の発症率は公表されていませんが、具体的な数値は上がってきていないことから、稀な副作用の中でもレアケースだと見られます。
体に何か起これば医師が治療の継続を判断しますし、原因のハッキリとした症状であれば、効果的に対処して問題を解決してくれます。

ガンの副作用は、AGA治療薬が男性ホルモンを抑制して血液検査の数値を変えることから、ガンを発見しにくくなるというのが誤解の元です。
内服薬は内臓に負担が掛かるので、元々内臓が弱っていればガンの発症率が上がってもおかしくありません。
幸い、ガンの懸念は血液検査に影響する部分が引き起こしていますから、健康診断を受ける時などに治療薬の服用を伝えることで不安が解消します。

代表的なAGA治療薬

プロペシアはAGAを代表する治療薬で、毎日服用する内服タイプが主流です。
販売開始から現在まで治療の現場における実績があり、薄毛に悩む多くの人達を助けています。
プロペシアに代表されるフィナステリド薬は、男性ホルモンによる脱毛司令を食い止めて、ヘアサイクルの乱れを改善してくれます。

毎日の服用が大切なポイントで、少なくとも3ヶ月以上の継続が効果の確認に不可欠です。
短期間で育毛や発毛が起こる薬ではありませんが、長期的に少しずつ作用して、髪の毛の質や頭髪のボリュームを改善に導きます。
プロスカーは前立腺肥大症治療の為に開発されていて、AGA治療薬ではありませんが、プロペシアと同じ成分であることからAGA治療に転用されています。
成分は全く同じで品質にも大きな差はなく、唯一違いがあるとすればそれは成分の量です。

プロスカーの5mgタイプを4分割するとプロペシア4回分に相当するので、プロペシアでは経済的な負担が大きいという人に選ばれています。
プロペシアの有用性は高いですが、長期的に薄毛に悩んでAGA治療が遅れた人は、育毛環境も乱れている場合があります。
プロペシアだけでは育毛効果が弱い、または薄毛部分に発毛が見られないなら、ミノキシジルを組み合わせて髪の毛の成長が促進されます。
ミノキシジルは血管を拡張する薬であって、本来はAGA治療薬ではありませんが、今では外用薬ロゲインなどの形で普及しています。

ロゲインはミノキシジルを含有する治療薬で、海外では外用といえばロゲインと言われるほどです。
外用薬なら頭皮の気になる部分だけに使えますから、無駄になりにくく経済性に優れます。
外用薬においてかぶれは最も懸念される副作用ですが、問題がなければそのまま継続して治療効果が得られます。
外用薬は内臓に掛かる負担が少ないので、内服薬と併用しやすく相乗効果にも期待できる点が魅力です。

それでもAGA治療の基本は内服薬ですから、プロペシアに効果が見られなければ改善が進みません。
そんな時に役立つもう一つの薬がデュタステリドです。
デュタステリドはフィナステリドに変わる新しい成分で、AGA治療薬の主流であるプロペシアの後続品として開発されました。
製品名はアボダートで知られていて、AGA治療を受けている人、これからの治療を検討している人の間では有名です。

デュタステリドはプロペシアに比べると市場に出て日は浅いですが、薬の価格は高止まりしていないので、十分にプロペシアと比較できる選択肢となります。
実績はプロペシアの方が優れることから、第一選択薬ほど選ばれることはありませんが、プロペシアが効かなかった場合の有力な代替候補になります。
プロペシアとは異なる作用機序で同様の効果に期待できるので、薄毛に悩む人にとって心強く、希望になってくれる治療薬の一つです。

薄毛は見た目を大きく変えてしまう変化ですが、昔とは違い原因が特定されていて、育毛や発毛に至る治療薬が複数登場しています。
研究や新薬の開発は今も続けられていますが、現在販売されている治療薬でも、効果的な回復を目指して取り組み始めることが可能です。

記事一覧
くしで髪を磨く男性

AGA治療薬で改善効果の高い成分にフィナステリドがありますが、クリニックで処方される先発医薬品は高額...

心配する男性

AGA治療薬として使用される薬にプロスカーがあります。 有効成分はフィナステリドで1錠に5mgが含有...

男の髪

プロペシアは「フィナステリド」を主成分とした男性型脱毛症(AGA)治療薬です。 フィナステリドの効果...

カプセルと錠剤

プロペシアは、フィナステリドを主成分としている医薬品です。 1998年にアメリカで認可されてから現在...